出雲大社神楽殿の挙式模様

      (かぐらでん)

大きなしめ縄がシンボルとする神楽殿。

御祈祷などが行われる広間で、境内の西側にあります。

出雲大社教が100周年を迎えた1981年に建て替えられ、現在の姿になりました。

大広間は270畳の広さで、ステンドグラスが使われているのが特徴です。

神楽殿には、ご祭神の大国主大神様と仲睦まじかったと伝えられるお后様の

須勢理比売命(すせりひめのみこと)が祀られています。

この二柱の神様の夫婦の契りに習い、新しい人生の門出を誓う神前結婚式が、厳かに執り行われます。

 

出雲大社神楽殿にて、挙式が執り行われた模様の動画です。

 

2020-11-28.jpg